1310 SN JIG (錫製)無垢仕上げ | 1310 KF WORKS

1/5

1310 SN JIG (錫製)無垢仕上げ

¥ 2,200 税込

別途送料がかかります。送料を確認する

錫製(純度99.995%)の地球と自然に優しい「オールラウンドアクション」ジグです。

比重7.3という軽さを補うための弱リア比重と流線形状で沈下速度を補い、シャクリでは普通のワンピッチジャークだけでなく、準スロジギ、ただ引きによるS字アクション、ジャーク後一瞬テンションをかけることで大きなスライドアクションなどテクニックで数多くのアクションンを演出できます。
まずは難しく考えずただ巻きで使ってみてください。十分釣果が出ます。
次に、ただ巻きからのストップでラインテンションを無くす(50センチぐらい戻す)ようなアクションにトライしてみてください。次の巻き始めに”ドンっ”と乗ってくることが多いです。これは軽比重からくる一瞬のホバリングからのイレギュラーダートのタイミングでバイトが集中します。
そして、実はキャスティングジグとしてサワラ、シイラ他、シーバスなども表層を意識しているターゲットに60g-80gは抜群の効果を発揮します。メタルでありながら表層直下をヨタヨタと引けるジグはあまり例はありません。
オールラウンドとしているのも、ジグとしてのオールラウンドだけでなくキャスティングジグとしても優秀であることを証明しています。

錫本来の色は自然色その物であり、その光沢を活かし無垢を基本として使用できることにこだわりました。錆びない特性からくもりが出ても、メガネ拭きやピカールで磨きなおすことにより再度輝くことができます。また、岩などで大きなダメージを受けたとしても、材料は再利用できるため加工しなおしシステムにより安価で作り直すことができます。

錫という素材を使い始めたのはちょうどカヤックフィッシングを始めたあとすぐにでした。
自然と調和できるカヤックでのフィッシングで鉛のジグをロストした時に感じた、鉛を海中に沈めたままにしてしまったという気持ちを何度も味わい、タングステンジグに多くを切り替えました。タングステンという素材は比重が高くポイントに素早く落とし引きおもりも少なくとても良い釣果をもたらせてくれました。しかし、タングステンで釣れず鉛にはバイトしてくるという事象に遭遇してから、もう一つの引き出しを持つことができました。
まさにマッチザベイトによる弱点です。ある程度シルエットを大きくしたいときにタングステン素材ではかなりの重さになってしまいます。また細く作ることでは今度はボリュームに欠けてしまい、水を動かすパワーをも失ってしまいます。反対に錫ジグではシルエットを大きく出すことができます。実は今、釣れないときはシルエットを小さくしてフィネスにという一辺倒の時代から変化し、逆に大きなものへと変えたほうが結果が良いということがわかってきました。魚にとって、生きる上で必要な要素は、いかに効率的に効率的な餌にありつけるかです。つまり、食わないときに小さなエサという発想だけでなく、活性が低い状況では、大きな餌の捕食を好むわけです。遊漁船などで一斉に仕掛けを落とすような釣りでは、魚もセンシティブになっているため、これは通用しませんが、カヤックフィッシングでは魚はナチュラルである場合が多く、音や度重なる仕掛けの投入による臆病な状態にはなりにくいというのがキーポイントになります。

商品をアプリでお気に入り
  • レビュー

    (0)

  • 送料・配送方法について

  • お支払い方法について

¥ 2,200 税込

最近チェックした商品
    その他の商品